タグ別アーカイブ: 天吹酒造

天吹酒造☆酒蔵訪問 その③

昭和35年ぐらいまで、使用していた木桶。今は木桶職人さんはほぼいないので、貴重な物ですよね。

使い続けないと乾燥して割れてしまうとの事。
今、注目させている木桶。使用前には自然素材の柿渋を塗って手入れをされていたそうです。歴史を感じる空間でした。

有形文化財の貯蔵庫。丘を掘って造られたそうです。ひんやりと静謐。

この後、試飲もさせて頂きました。

このスペース、本当に立派です。花酵母の香りを楽しむために、ワイングラスで試飲。

純米大吟醸 生もと造り 雄町 シャクナゲ酵母 この日本酒が面白く気に入りました。一口飲んだ時は生もとぽくないし、静かな香りって感じで食中酒やなぁと。そして温度が上がる内に現れる生もとぽさとコク。燗酒にしても良い感じでした。

花酵母の日本酒は、実に幅が広い。キュートないちご酵母は食前酒やし、燗酒と相性の良いものは、晩酌でチビチビやるのもよし、バナナ酵母はデザート酒として食後酒にもなるし、一つの蔵で造られているお酒で、こんなに色んなシーンに対応出来るのって、素晴らしいですよね。

そしてお昼ご飯を食べるなら、どこが良いかと言う話になり、久留米市の有名ラーメン屋さんを教えて頂くのでした。

花酵母の会の時もとても良くして頂きましたが、会長には駅まで迎えに来て頂いたり、オススメラーメン屋さんにも送って頂いたり、至れり尽くせりでした。

このラーメン屋さん、平日のもかかわらず長蛇の列。人気店を実感です。OLさんもがランチで来てて、ビックリでした。(私の中では、OLさんはお昼にラーメン食べへんやろと思っていたので。)

花酵母の日本酒の世界、知れば知る程、面白いです。

お忙しい所、本当にありがとうございました。

おわり☆

 

一献うるうる 〒600-8401
京都市下京区東洞院松原東入ル燈籠町601-1
電話番号 0753520680
【3月のお休み☆】15日(日)・22日(日)
【アクセス】
地下鉄烏丸線「四条駅」5番出口から徒歩5分
阪急烏丸線「烏丸駅」から徒歩5分
地下鉄烏丸線「五条駅」から徒歩5分

天吹酒造☆酒蔵訪問 その②

佐賀県 天吹酒造さんの蔵訪問の続き。

仕込みをしている蔵、大きいです。入ってすぐたくさんのタンクが、、、、
色んな花酵母のお酒が仕込まれています。

ツルバラの花酵母とか、珍しい。

足場を登って、タンクの中もみせて頂きました。ずーっと良い香りが漂ってます。落ちたらどうしようとビビりながら、ブクブクしたのとへっぴり腰で、眺めます。ブクブクしているのは、アルコール化する時に、二酸化炭素を生成するから。

一献うるうるでも大人気のバナナ酵母。これは本当にびっくりするぐらいバナナです。

そしてキュートな香りを放っているいちご酵母。このいちご酵母のタンクをみせて頂いてる時に、会長にいちご酵母にはいちごを食べながら飲むのが、相性が良いと教えて頂き、花酵母の会の時に採用させて頂きました。
天吹酒造さんは、2000石は造っているので、設備も立派です。

洗米 ウッドソン

甑と放冷機

麹室 素材は杉。

上槽
純米大吟醸は、佐瀬色で搾り、後は薮田式で。

火入れはプレートヒーターで。

こんな所にも天吹です。

天吹酒造さんの蔵人さんは、季節雇用ではなく、全員社員さん。杜氏さんも社員杜氏との事。お酒造りをしていない時期は、イベントや試飲会に行って、直接お客様とふれあい、お酒の説明をしたりする機会を大切にしているそうです。
一般の方も予約をすれば、平日は蔵見学を受け入れてくれてる訳ですね。

イベントがある時に開放されるスペース。

広くって立派で、昔使っていた木桶もありました。

づづく☆

一献うるうる 〒600-8401

京都市下京区東洞院松原東入ル燈籠町601-1

電話番号 0753520680

【3月のお休み☆】15日(日)・22日(日)

【アクセス】

地下鉄烏丸線「四条駅」5番出口から徒歩5分

阪急烏丸線「烏丸駅」から徒歩5分

地下鉄烏丸線「五条駅」から徒歩5分

天吹酒造☆酒蔵訪問 その①

花酵母の使い手、天吹酒造。

天吹酒造合資会社 佐賀県三養基郡みやき町。隣の駅が吉野ヶ里公園。あの吉野ヶ里遺跡のあるエリアで、福岡県久留米市よりの町です。

創業が元禄年間(1688年~1704年)ということで、ざくっと300年以上をも歴史のある蔵。敷地もとても広く、建物は登録有形文化財に指定されています。そこいらのちょっとした旅館よりも立派です。

ステンドグラスのおしゃれな玄関の母屋。

予約をすれば一般の方でも蔵を見学出来ると言うことで、システムがとても整っていて、とにかく綺麗に保存された空間でした。
お酒の説明の冊子には、英語での説明も記載されており、門戸の広さを感じます。

この日、木下会長にお話を伺いました。

立派は敷地の中庭の部分になんとなんと、銅像があったりして、銅像なんて蔵で見ることないし、びっくりで、会長のお父様とお祖父様との事。

仮にお酒の事を知らなくても、感激出来るポイントが色々とあって、面白い。

仕込み蔵
なんと、発酵しているタンクの中もみせて頂きました。

つづく☆

一献うるうる 〒601-8401
京都市下京区東洞院松原東入ル燈籠町601-1
電話番号0753520680
【2月のお休み☆】24日(月)
【アクセス】
地下鉄烏丸線「四条駅」5番出口から徒歩5分
阪急烏丸線「烏丸駅」から徒歩5分
地下鉄烏丸線「五条駅」から徒歩5分

花より団子より花酵母☆一献うるうるの日本酒

1月の半ばに「花より団子より花酵母」と言うイベントを一献うるうるで開催しました。
花酵母って??という質問はよくあって、まだまだ知られていない分野でもあるのかなぁと。
花から分離した天然の清酒酵母。
花から抽出するのではなく分離するものであるため、花の香りがする訳ではないのですし、花は入ってるの?ともよく言われるのですが、そんな訳はなく、香りとかと言うよりは、味わいの幅が色々と広がるものかなぁと。
後、協会6号酵母とかより、りんご酵母、いちご酵母と聞いた方が、難しいお酒の世界がちょっと身近に感じられるかなぁと。
日本酒の世界を広げるワクワクした花酵母。
その花酵母の日本酒を飲んで楽しんで頂こうと言うイベントでした。

花酵母の使い手である佐賀県三養基郡の天吹酒造さんの専務木下大輔さんと、一献うるうるが天吹を仕入れさせて頂いてるまつがさき商店の小林さん(通称こばたくさん)と迎えて。
佐賀から遥々こんな小さなお店に来て頂けるなんて、嬉しかったです。

ラインナップ☆

①純米吟醸 雄町 いちご酵母 30BY

②純米大吟醸 ぎんさん りんご酵母 R1BY

③純米吟醸 寿限無(福岡県オリジナル酒米) オシロイバナ酵母 30BY

④純米吟醸 雄町 なでしこ酵母 30BY

⑤裏大吟醸 愛山 アベリヤ酵母 30BY

⑥純米超辛口 ウルトラドライ初雪 月下美人酵母 R1BY

⑦純米大吟醸 生もと造り 雄町 シャクナゲ酵母 27BY

⑧純米大吟醸バハムート 愛山 アベリヤ酵母 30BY

と蔵から特別に出して頂いた隠し酒との9本を楽しんで頂きました。隠し酒は発売前のオシロイバナ酵母を使用した精米歩合がなんと18%の高精米の日本酒でした。

花酵母とひとくくりで言っても、かわいいものから、お料理入らずの芳醇系やったり、スッキリ辛口やったりと、味わいは本当に幅が広く、面白いのです。そして、花言葉も一緒にチェックするとまた、面白い。りんご酵母だと「選ばれた恋」みたいな。

貸し出して頂いたかわいいおちょこ。

木下専務とこばたくさんと。

「花より団子より花酵母」のイベントをさせて頂く前に佐賀県の蔵にもお邪魔させて頂いたので、また、その話も書きたいと思います。

 

一献うるうる 〒600-8401
京都市下京区東洞院松原東入ル燈籠町601-1
電話番号0753520680
【2月のお休み☆】11日(火)・24日(月)
【アクセス】
地下鉄烏丸線「四条駅」5番出口から徒歩5分
阪急烏丸線「烏丸駅」から徒歩5分
地下鉄烏丸線「五条駅」から徒歩5分

コスモス酵母☆

佐賀県 天吹酒造さんの「天吹 雄町ひやおろし」

コスモス酵母で造られたお酒。

天吹酒造さんは、珍しい花酵母を使ってお酒造りをされてはります。マリーゴールド、いちご、ひまわり、なでしこなどなど。聞いているだけでも、華やか気持ちになりますよね。

今回はコスモスを使って、秋にしか登場しない旬の味、ひやおろしです。

数字を見れば、日本酒度+6で、コスモスやんなぁ。勝手なイメージで凄い香りがするのかなぁと思っていたのですが、飲んで見ると香り穏やか、コクのあるおだやかな味で上品で美味しい。
コスモスの花言葉は「調和」なんだって。

ちなみにちなみに花酵母は、花から抽出するのではなく、〈分離〉するものであるため、花の香りはしないんだって。

 

一献うるうる 〒600-8401
京都市下京区東洞院松原東入ル燈籠町601-1
電話番号 0753520680
【10月のお休み☆】31日(火)